室伏利晃の語り

働く上で少しでもお力になれればいいなぁと思って書きます

マクドナルド時代の話⑩〜スカウト大会

ほぼ一年ぶりに続き書きます。

 

前回の記事

http://toshiakimuro.hatenadiary.jp/entry/2016/11/26/173451

 

本社見学ツアーを終えた翌日、鴨さんの提案でスカウト大会に参加することになりました。

 

スカウト大会ってのは、お客様やそこら辺歩いてる人に話しかけて、「ユー、一緒に働こうぜ、」って言う、スカウト活動をエリアあげて行うイベントで、スカウトの講師は一緒にキックオフミーティングに出た和久井さん!

 

和久井さんは凄い!未だかつてあれ程人と仲良くなれる人に会ったことが無いって位(笑)

気付いたらお客様の隣に座って談笑してたからね(笑)

 

スカウティングはクーポン渡して、お店を利用してもらったり、マックに興味ある人はリピートしてもらえるように促したり、場合によってはその場で職場体験を開催して、マクドナルドを知ってもらったり。

 

働く事に前向きならすぐ面接まで。

 

 

スカウティングは採用コストがほとんどかからないし、自分の目と耳でしっかり選ぶから外れも少ないし、愛着湧くので大事にしたり、メリットがたくさんあるわけです。

 

やる側は一歩踏み出す勇気さえあればなんとでも!

コミュ力アップするからサービス向上にも繋がるし、個人的にあれがあったから、今の誰とでも話せる大人になれたんだと思います。

 

鴨さん、和久井さん、ありがとうございました!

 

そしてこの後鴨さん達と夢会(夢を語る飲み会)で熱く語り、北海道から新宿へのヘルプツアーは幕を閉じました。

 

 

そして北海道に帰ってから店長に…

 

 

続きます