読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

室伏利晃の語り

働く上で少しでもお力になれればいいなぁと思って書きます

電通、鬼十則を社員手帳から削除

電通鬼十則を社員手帳から削除とのこと

 


電通、「鬼十則」を社員手帳から削除 (時事通信) - Yahoo!ニュース

 

電通が新入社員の自殺を受けて、行動指針である鬼十則を社員手帳から削除するのを決定したそうだ。

 

 

鬼十則

 

 
1. 仕事は自ら創るべきで、与えられるべきでない。
2. 仕事とは、先手先手と働き掛けていくことで、受け身でやるものではない。
3. 大きな仕事と取り組め、小さな仕事はおのれを小さくする。
4. 難しい仕事を狙え、そしてこれを成し遂げるところに進歩がある。
5. 取り組んだら放すな、殺されても放すな、目的完遂までは……。
6. 周囲を引きずり回せ、引きずるのと引きずられるのとでは、永い間に天地のひらきができる。
7. 計画を持て、長期の計画を持っていれば、忍耐と工夫と、そして正しい努力と希望が生まれる。
8. 自信を持て、自信がないから君の仕事には、迫力も粘りも、そして厚味すらがない。
9. 頭は常に全回転、八方に気を配って、一分の隙もあってはならぬ、サービスとはそのようなものだ。
10. 摩擦を怖れるな、摩擦は進歩の母、積極の肥料だ、でないと君は卑屈未練になる

 

の10項目の行動指針のことで、

殺されても放すななど過激な表現が問題視されてました。

 

 

ここからは個人的な意見ですが、過激な表現はそれだけ重要だってことで、鵜呑みにすることは無いと思うなぁ。

言葉だけを見ると過激だけど、内容を見ると、なるほどそういうことかと納得することも多い。

 

電通長時間労働の言い訳に使われている気がする。

 

言葉って難しいなぁ