室伏利晃の語り

働く上で少しでもお力になれればいいなぁと思って書きます

マクドナルド時代の話⑦〜不思議なヘルプ

キックオフミーティングが終わり、実はそこからが中々面白いのです

 

前回の記事はこちら

 

 

toshiakimuro.hatenadiary.jp

 

 

店長に社員のつもりでトレーニングお願いして、ちょうど翌月に入社試験があったので応募。

 

それから様々なお店にヘルプに行きました。

一ヶ月ほとんどヘルプの時もあったり‥

 

 

そしてなんと言っても東京ヘルプが一番の思い出です!

北海道で働いてたのに東京まで行きました(笑)

 

これはある日僕の携帯が鳴ったことから始まります。

電話の主は鴨さん!

 

「あ、もしもし、今大丈夫?実は俺が前担当してた新宿スバルビル店が、朝の時間、一時間のTC(お客様数)でワールドレコード持ってて、今度それを超える為のチャレンジデーやるんだけど、室伏来ない?お前変じゃん?絶対盛り上がるからさ(笑)」 

 

 

返事はもちろん

「はい!行きます!」

 

相変わらずノリで生きてます(笑)

 

キックオフ参加してから拍車が掛かりました(笑)

 

鴨さんは続けます

「でさ、お前北海道だよな?交通費なんだけど、稟議間に合わないから自費でも大丈夫?」

 

地元が茨城なので交通費どの位か知ってます。

日程が迫っていたので割引が無く、当時往復10万弱です。

 

「大丈夫です!世界記録と交通費天秤にもならないですよ!」

 

 

鴨さん

「さすが!変態だね!じゃあ詳細は店からメールしてもらうから、室伏はスケジュール調整お願いね!」

 

 

ってことですぐさま代わりに働ける人を交渉して、お土産で手を打ち、店長に報告しました。

店長も

「また変なことに首つっこむねー。自費なら普通いかないだろ(笑)」  

他の人も同じ意見でした。

 

 

世界記録に関われるかも知れないなら迷わず投資するけどなぁ。一生に一度あるかないかだもん。

 

そんなこんなで東京に2泊ツアーに行きました。

朝の6時からなので、前乗りじゃないと間に合わないからです。

 

スケジュールとしては

自店舗フルシフトの後東京へ向かい、ホテルで泊まり、朝の6時から9時まで働き、そこから14時まで近隣のマックツアー(笑)、14時から鴨さんによる本社ツアー、飲み会して、翌日は新宿エリアのスカウト活動見学、そして打ち上げで終了、夜の便で北海道に戻り、翌日オープン(5時起き)

と中々ハード(笑)

 

 

詳細は次回!