室伏利晃の語り

働く上で少しでもお力になれればいいなぁと思って書きます

マクドナルド時代の話②

前回に続きまして、マクドナルド時代の話です。

 

前回の記事はこちら

 

toshiakimuro.hatenadiary.jp

 

 

 

さて、店長から

「マネージャーにならないか?」

と言われた僕ですが、反射的に

 はい!分かりました!

って返事してました…

 

はい、何も分かってません(笑)

完全にノリです(笑)

そもそも、マネージャーってなに?あの帽子 とユニフォームが違う人達のことでしょ?

あれって社員じゃないの?

位の認識でした(笑)

 

マクドナルドにはSW(スウィング)マネージャーっていうアルバイトマネージャーが存在します。以下SW

SWは店長や社員の代わりに店舗運営をします。

 

お店によっても人数は違いますが、そのお店は当時8人のSWがいました。

フリーターのSWもいたのでまぁ十分だったのですが、 翌年に卒業の為に抜ける人が2人いたので、トレーニング期間も含めて早めに指名して頂いたのです。

 

そして、分厚いマネージャーのトレーニングマニュアルを渡されました。

 

テンション上がりました!(笑)

 

こんな分厚いのやるの?やべーじゃん!みたいな (笑)

 

で、店長から 「半年くらいかけてやればいいから心配ないよ」

って言われましたが、マニュアルは2ヶ月で終わらせ、店長チェックもすぐ終わりました。

 

あの頃はもうバカみたいにマクドナルドの勉強してましたね(笑)

 

それも理由があります。

 

一緒に働いてた主婦に

「いいよねー。私たちは何年も頑張ってやっとSWになったのに、あの子(僕のこと)は来年卒業のSWがいるからあっさりなれてさ。」

って陰口を言われていたからです。

 

陰口なのに、なぜ知ってるかは、その主婦様方はありがたいことに、僕に聞こえるか聞こえないかの微妙な場所でそういう話をしてくださるんです(笑)

 

 

で、僕は心の中で

「は?うっせーし!じゃあ誰もが認める実力つけてやろうじゃねーか!」

って発奮し、マクドナルドで知らない事は無い!位に知識を習得し、先輩達の動きを盗み、ヘルプ先のスーパークルーの動きを盗んでいったのです。

 

 

SWになるには店長チェックの後にSV(エリアマネージャー)のチェックに受からなければならないのですが、学生でしかも掛け持ちしてたのでSVと予定が合わず、結局マクドナルド始めて10ヶ月後にSWになりました。

 

 そのSVは見た目が ヤク○さん だったので、クレーム対応のロープレはガクブルでした(笑)

 

そして、晴れてSWとなり、マクドナルドのシステムの美しさとチームワークでピーク乗り切った時の快感により、大学辞めてフリーターになりました(笑)

後悔はしてないです。

 

さてさて、SWになってからも色々ありました。

オープンクルー無断欠勤&そのまま連絡つかないためワンオペ事件とか⬅予め一人なの分かってたらまた違う…いや、マクドナルドでワンオペはあり得ない(笑)

 

 

中学生が風除室のガラスを突き破って血まみれ事件とか⬅大惨事でした。

 

 地域一体停電事件とか⬅まぁ大したこと無いけど。

 

などなど、楽しい経験を積み、SWになって1年半後店長からこう言われたのです。

 

「なんかキックオフミーティングの公募あるんだけど、出してみる?」

 

 

続きます(笑)

次回はいよいよ鴨さん登場!